目指せ1分200文字 タイピング選手権!!

楽してタイピングが上手になりたい方、必見!
「パソコンで色々な事をやってみたいんだけど、入力が苦手で、つい面倒臭くなっちゃうの…」
はい、よくお聞きするご相談事です。

入力は、コンピュータの「きほんのき」
今回の企画、タイピング選手権に参加して、ご友人に「あなた、パソコンの操作の中で一番の得意は何?」って聞かれたら、「入力なのよ。私、とっても速いんだから!!!」と答えようではありませんか!(ここで講師(杉本)、思わず力が入りました (笑)

入力スキルの向上に必須なのが、
・指を10本全部使う
・「左小指でQキー、Aキー、Zキーを打つ」等、指使いを守る
です。
(小指、特に右は最初の内は指がつります(苦笑)、それを乗り越えると、入力の女神が微笑みかけますよ♪)

講師が編集者をしていた頃、原稿をパソコンで作成するのに左右の人差指だけで(つまり2本の指だけで)入力していた同僚がおりましたが、信じられない速さで、ブッたまげた覚えが有ります。
まあ、それはそれで才能なのですが、そういう人は、いずれ壁に突き当たります。私はこれを「1分間50文字の壁」と呼んでおります。それ以上は物理的に無理なのです。10本で打つ所を2本で打っている訳なのですから、10人と2人の喧嘩で2人が勝てないのと同じ理屈です。 あと、まず間違いなく腱鞘炎になります(怖)

という事で、この機会に皆様に「入力大好き少女(少年)」になって頂きたく、是非、タイピング選手権にご参加下さい。 1分50文字をコンスタントに超える様になられたら、講師の持っておりますチャットルームでチャット大会でも致しましょう!楽しみです!!!

練習開始からタイピング選手権参加迄の期間ですが、受講生様の現時点のスキルにも拠りますが、週1回(不安な方は週2回)お伺いして、講師がお伺いする日も含め毎日1時間から2時間は練習して頂けば、1ヶ月程で「いつでも参加出来るわよ!」というレベルに到達出来るかと思います。
下記の講師の入力記録は最終日で1分間97文字ですが、講師仲間のC嬢(指が長い、器用、昔ピアノを習っていた)にやらせたら、程無く100文字を超えました (大汗) 本気で頑張って下さる方なら、私の下記の記録などは、きっと、容易に超えられると思います。

講師もここの所余り入力練習をしておらず、プログラミングのコード入力がキツイです。プログラミングは1日に1千字、2千字と打ちますので、正しい入力方法で入力しないとコードミスを連発し、プログラムがエラーだらけになって使い物になりません (大泣)

是非、講師も皆様とご一緒に入力を頑張りたく、何卒宜敷お願い申上げます(お辞儀)

授業の概要

(1) 現在の実力を判定 「P検」(パソコン検定試験)の模擬試験プログラムを使って、10分間で何文字打てるか拝見させて頂きます。100点満点で点数も出ます。スピード、正確さの他、指使いもチェック致します。

(2) 専用のタイピングソフト(講師がご用意します)を使って、指使いの練習をして頂きます。

(3) タイピングソフトで、1分に何文字打てるか練習して頂きます。 指使いは必ず守りましょう。指使いを気にしていると、初めは入力文字数が却って伸びないのですが、1分50字を超える為には、しっかり指使いを守る事が必須条件です。 下記のエクセル表をデータでお渡ししますので、ご自分の練習の結果を記録して頂きます。 グラフも作りますので、ご自分の入力スキルがどんどん上がっていくのが実感出来ます。

(4) ある程度慣れてきたら、キーの位置を覚えて頂きます。 これが出来れば、一気に入力文字数が上がります。 ブラインドタッチ(別名、タッチタイピング)への一里塚がキーの位置を覚える事です。

(5) タイピング選手権に参加(毎日練習している方で1ヶ月位が目安です)
「参加」と言っても、受講生様それぞれのご自宅が選手権会場です。
講師が見守りますので、実際に10回タイピングを行なって頂き、ご参加者全員の成績を集めて、順位を決定し、ホームページ上で結果を発表致します。
1位の方には賞品(※)を贈呈させて頂く予定です。
頑張って下さい!
(※ 大した物ではありませんが、トップを取った方への、講師からのお祝いの気持ちです)

 

下の表とグラフは、講師が2007年1月にMicrosoft Office Specialist(略称MOS。マイクロソフト社が実施する、ワードやエクセルの試験)のExcel 試験を、「一般」を飛ばして「上級」(現名称「Expert」)を受ける為に試験日の25日前から始めた入力練習の記録です。
1/13に受験して合格したら、次の日から入力練習をしなくなってしまいました (苦笑)

自慢ではありませんが、私は入力は余り得意ではありません。手が小さいのと、生れつきの不器用が原因の様です。
元来コンピュータの講師は、それ程入力は速くないです。速いのは入力オペレータさんですね。1分200字入力が普通です。喋るよりも入力の方が速い方もいます。凄いな~と感心します Σ(´д`;)

電話での問い合わせ(講師直通)080-3448-5332受付時間 11:00-17:00 (年中無休)

メールで問い合わせ